ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
ブラジル アグア・リンパ農園 100g
甘みがあり、透明な水という意味を持つ農園の名の通りにクリーンな風味です。

オーナーのフランシスコさんは、ブラジルのパラナで生まれ、農業技師として学校を卒業し、家族のコーヒー生産の仕事に携わりながら、化学肥料販売にも取り組みました。
1975年ブラジル大霜害でパラナ地区は大きな打撃を受け、更には病虫害などの影響で同地区はコーヒー栽培が非常に難しい状況となってしまったのですが、彼のもう一つの仕事である化学肥料の出張で、セラード地区を見て、この地を気に入っておりました。
彼はそのセラード地区でコーヒー生産を再スタートさせる事を決心します。
豊富な水源、広大な土地、平坦な土地、機械化など可能性を感じておりました。

彼は日系人女性と結婚し、義理のお父さんとコーヒー生産を行いました。最初は100haでした。

当初、セラードの痩せた酸性土壌の改良は大量の肥料を必要としたのですが、セラードの地に詳しい人間を雇った事が後々の成功に繋がりました。
80-90年代には、他の農家の土地を買い取り、現在では彼の義理の弟と6000ha(コーヒー栽培面積1250ha)にも拡大しております。

フランシスコさんは、生産量と品質志向の生産者で、独自の剪定技術により、セラード地区の中で最も高い収量を実現しております。彼の品質は数々の品評会で証明されています。90年代イリカフェの品評会でも入賞しております。
その他に、セラード地区のコーヒー連合会の会長を務めるなど、セラード地区のコーヒーにおけるリーダーとして活躍しております。


a



◆◆◆ブラジル アグア・リンパ農園の概略◆◆◆



【生産国】 ブラジル


【地域】 ミナス・へライス州パトロシニオ


【農園】 Agua Limpa農園


【規格】 スクリーン17/18

 

【品種】 レッドカツアイ


【標高】 1100m


【収穫時期】 5月〜9月


【精製方法】 ナチュラル/100%天日乾燥




a


*100gの販売価格です。



販売価格

680円(税抜)

購入数
up down
挽き方