カート
ユーザー
絞り込む
商品一覧
グループ
コンテンツ
フレーバーコメント:フローラル・トロピカルフルーツ・スイートネス・ボディ
浅煎り - Fruity
BRAZIL SANTO ANTONIO -ブラジル サント アントニオ- 150g
1,126円(税込)
各オプションの詳細情報
挽き方
購入数

BRAZIL SANTO ANTONIO -ブラジル サント アントニオ- 150g
1,126円(税込)
300gはコチラ


フレーバーコメント:フローラル・トロピカルフルーツ・スイートネス・ボディ

ブラジルのサント アントニオ農園
ナチュラル製法をご紹介。
ブラジルとは思えないような甘いフローラルな香りと
完熟したトロピカルフルーツのような明るくジューシーな味わい、後半にはブランデーなどの
重厚な味わいも感じることができます。

ブラジルらしいしっかりとしたボディ感も持ち合わせております。

サント・アントニオ農園はミナスジェライス州南部マンティケイイラ山脈のなか、オリンピオ・デ・ノローニャという町にあります。
農園のある地域の標高は約1000メートルほどの山岳地域で、年間の降水量は1600ミリ、平均気温は18.8度と、スペシャルティコーヒーの生産には最適な恵まれた気候と土壌を備えた地域です。

農園主のレイモンド・ディマス・サンタナ・フィーリョさんは2015年に祖父から引き継いだ3代目で、
多くの新しいチャレンジが行われました。
最高のコーヒーを作るには社会的・環境的な責任を果たすこと、またコーヒー生産に関わる従業員の雇用と育成に力を注ぐことだと彼は考えています。
こうした意識の下で様々な改善と新しい試みを行い、従業員の健康プログラムや労働者災害補償など、労働法に規定されているすべての福利厚生を労働者に保証し、農園の敷地内に従業員用の住居を設け、生活面での支援も積極的に行っています。

また、気候、起伏、標高など、地域の恩恵すべてを最大限に活かせるように生産体制の改善にも努め、手作業での収穫方法のスキル向上や適切な生産処理、乾燥方法の実践、トレサビリティの明確化など、様々な取り組みを行っています。

こうした献身的な取り組みの積み重ねにより、2019年のCOEでは9位になるなど
高い実績もある農園です。

甘さと重厚感の両方を兼ね備えた珍しいブラジル
ぜひ一度お試しいただきたいコーヒーです。

農園名・・・サント・アントニオ
農園主・・・レイモンド・ディマス・サンタナ・フィーリョ
品種・・・イエローカトゥアイ
標高・・・1,150m
エリア・・・ミナス・ジェライス州アラポンガ
この商品を購入する